福岡県内のホームページを制作

福岡ホームページ制作所

福岡 ホームページ制作 作成 製作

福岡のユーザーからよくあるご質問
ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、ものすごい簡単に言うと 「商品を持っていなくても、その商品を自由に売れる、在庫リスクのないショップが出来るシステム」です。 在庫リスクを持たずに自分のお店を作ることができ、 アフェリエイトよりもお金が稼ぎやすいというので話題です。
500社以上の商品提供者様から、商品情報(画像と説明文)が提供されており、皆様は、この情報を利用して、自分で商品に自由に価格を設定し、ネットショップを構築することができます。 2006年頃からテレビ・雑誌に紹介され、近年『最新のネットショップ副業』として、急激な広がりを見せています。 一般的な流れとしてはメーカーから卸問屋を通じて、販売店は商品を仕入れます。仕入れた商品を店頭に並べて売ります。それをお客さんが買うという仕組みですよね。 ネットショップでも基本はまったく同じです。仕入れて在庫として持っておいて、それを販売するのが基本です。 ネットではすでにおなじみになったアフィリエイト。商品を紹介して、ショップに誘導して、お客さんが商品を買ったら報酬をもらうことができます。それがアフィリエイトです。 アフィリエイトで紹介している人は、営業マンということになります。その人自身が何かを販売したり、商品を発送したりするわけではくあくまでもショップは他にあるということ。だから、商品の流れながれは一般的な商品の流れとはかわりありません。
しかし、ドロップショッピングはお客さんから注文を受け、代金の支払いも受け、注文があったらメーカーに連絡し、メーカーから商品を直送してもらいます。 アフィリエイターは営業や訪問販売員に相当しますが、ドロップシッパー小売店、ショップそのものにあたります。 つまり、ドロップシッピングは「流通形態を変えるもの」あるいは「特殊な流通形態」なのだということになります。
ドロップシッピングのメリットは
1.在庫を持つ事無く、商品バリエーションを増やす事が出きます。
2.金銭的なリスクがないということ
3.販売商品を集めたり作る必要がないということ
4.ECサイトでなくても、個人のブログで販売することが出来るということ。
5.卸価格に好きなだけ価格を上乗せして販売することが出来るということ。
6.商品の配送をする必要がないということ。ドロップシッピングでは注文情報を受けたサプライヤーが直接消費者まで配送します。ドロップシッパーは販売さえすればよいのです。
しかし、その反対でデメリットもちろんあります。
1.販売価格設定の問題があります。メリットの項目で「販売価格は自由に決められる」とありますが、ただし、販売価格を自由に決められるからといって、高くし過ぎてももちろん売れません。他のECサイトの金額もみながら金額を設定しなければなりません。ドロップシッパーが得る利益を減らさなければ、販売価格は安く出来ません。
2つ目に配送の問題があります。
消費者ドロップシッパーのサイトから別々のサプライヤーの商品を購入したとしたら商品は別々に配送され、消費者はひとつのサイトから商品を購入したのになぜ別々に届くのだろうと混乱してしまいます。

ホームページ関連サービス
ブログ

ブログ(blog)とは、「ウェブログ(weblog)」を略した言葉で、「Web上の記録」というような意味を表します。個人や数人のグループで運営され、日々更新される日記的なWebサイトの総称です。

ミクシィ

ミクシィとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(英語: Social Network Service, SNS)は、社会的ネットワークをインターネット上で構築するサービスの事である。)で、人と人とのつながりを促進・サポートする、コミュニティ型の会員制のWebサイトにあたります。

検索エンジン

検索エンジンとは、インターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるWebサイトのことで、希望のウェブページを探し出すためのサービスのことです。英語での呼び方である サーチエンジン(search engine) と呼ばれることもあります。もちろん検索エンジンを使えば必ず望ましいウェブページが見つかるわけではありませんが,上手に利用することでかなり効率良く適切なウェブページを探し出せるはずです。

J Word

JWordは検索エンジンの一種で、GoogleやYahoo!のようなWebサービスとは違って、Internet Explorerの機能の一部となって動作するようになっています。

YouTube

YouTube(ユーチューブ)とは動画を自由に見ることができ、アップすることもできるストリーミング動画配信サイトです。映像とインターネットの融合が進むなか登場したYouTube(ユーチューブ)は、無料サービスで動画の公開・表示ができ、映像や音声のコーデックを気にせずに再生できる手軽さもあり、ユーザーが急激に増加しています。

Twitter(ツイッター)

Twitterとは「今、何をしてる?」を更新していくとてもシンプルなWebサービスです。ユーザー登録をすると自分専用のページが作成され、そこから発言をしていきます。個々の発言にはURLが付与され誰でも見ることができます。ブログ、SNS等と同じWebコミュニケーションサービスです。

アフィリエイト

簡単に言うと企業と提携することによって、その企業の商品を売るとかその広告がクリックされることで報酬が得られる!ということです。これがアフィリエイトです。 分かりやすく言うと、アフィリエイトとはホームページの運営者がご自分のサイトに広告主であるECサイトの広告を掲載し、その確定した売り上げに応じて広告収入を得るシステムです。アフィリエイトプログラムは最先端のマーケティング手法のひとつであり、最近はその手軽から急速に普及してきました。

インフォメディアリ

インフォメディアリとは、情報仲介業者と略され、製品やサービスの売買には直接関与せず、売り手と買い手をマッチングさせるサービスを行う業者のことです。 オークションサイトやeマーケットプレイスなどがインフォメディアリにあたります。

ネットバンキング

ネットバンキングとは、コンピュータを使ってインターネット経由で銀行などの金融機関のサービスを利用することです。「インターネットバンキング」「オンラインバンキング」などとも呼ばれます。

2ちゃんねる

2ちゃんねるとは、1999年に開設した掲示板サイトのこと。日本最大にして最も有名な巨大掲示板サイトとなっています。

SNS

ソーシャネネットワーキングサイトのこと 友人や知人を招待したり、趣味や関心のあるテーマのコミュニティに参加したり、またその中で知り合いを広げたりするコミュニケーション型のサイトのことです。

クッキー(Cookie)

Cookie クッキー。サイトに訪れた日時や訪問回数など、ユーザーの情報を記録し、保存する仕組みのことです。そのデータはブラウザを通して保存され、アクセス解析のほか、認証システムやアフィリエイトなどWWWによるサービスをユーザごとにカスタマイズするパーソナライズシステムの要素技術として幅広く利用されています。

ログ(log)

コンピュータの利用状況やデータ通信の記録を取ることです。

ソース(source)

ページを作っているプログラムのことで、ホームページではソースコードはHTMLで書かれています。ソースコードとは、人間がプログラミング言語を用いて記述したソフトウェアの設計図のことで、そのままではコンピュータ上で実行することはできないため、コンパイラなどのソフトウェアを用いてオブジェクトコード(ネイティブコード)と呼ばれるコンピュータの理解できる形式に変換され、実行されます。

RSS

RSS とは、日付と1行のヘッドラインからなる、ニュース、日記、メールなどサイトの概略を表現する新しい規格で、気に入ったブログやニュースサイトなどの更新情報を自動的に受け取ることができます。

アクセス解析

ウェブサイトに訪問した人が、「どこから訪れたか」や、「サイト内での行動履歴」、各ページの「ページビュー」や「ユニークユーザー数」などの内容を解析することです。

イントラネット

イントラネットとは、インターネットの仕組みを利用し、特定のエリアと組織内メンバーなどの限定されたユーザーのみを対象として構築されたネットワークのことです。

シェアウェア

シェアウェアとは,一定期間使用した後に継続して使用したい場合には,代金を支払わなくてはいけないソフトウェアのことです。

スカイプ

スカイプとは、世界中どこへでも無料コールが、今すぐお楽しみいただける、操作が簡単な無料のソフトウェアです。

IP電話

IP電話とは、インターネットを活用した電話サービスのことです。

カウンター

ウェブサイトがユーザーに閲覧された回数を数えるウェブアプリケーション、またはシステムの総称のことを言います。

オンラインゲーム

通信回線を用いてやりとりを行うゲームのことをいいます。ネットワークゲームとも呼ばれています。インターネットを介して複数の人が同時に参加してゲームができるコンピューターゲーム。

ホームページ用語集へ戻る
ホームページ制作のご注文はこちら
pagetop

福岡ホームページ制作所
homepage seisakujyo

福岡県内のホームページ制作実績多数ございます。
お気軽にご相談下さい。